読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガヤミラミ+ピクシー

シングル

S13で自分含めて周り何人かが使用した構築。

f:id:rudxwa19:20160131221548p:plainf:id:rudxwa19:20160131221620p:plainf:id:rudxwa19:20151228200451p:plainf:id:rudxwa19:20151117183022p:plainf:id:rudxwa19:20160131221646p:plainf:id:rudxwa19:20160119074521p:plain

ヤミラミヤミラミナイト 悪戯心→マジックミラー

157-95-96-*-128-70→157-105-146-*-183-40

イカサマ 不意打ち 鬼火 自己再生

慎重HD

 

ピクシー@綺麗な抜け殻 天然

199-*-93-115-154-86

ムーンフォース 瞑想 月の光 癒しの鈴orアロマセラピー

H:8n-1

D:11n C197霊獣ボルトロスの珠10万ボルト高乱数2耐え

S:余り 同族意識

 

ガルーラガルーラナイト 肝っ玉→親子愛

181-145-101-*-102-156→181-175-121-*-122-167

地震 岩雪崩 不意打ち グロウパンチ

陽気AS

B<D

 

ガブリアス@気合の襷 鮫肌

逆鱗 地震 岩石封じ 剣の舞

183-182-116-*-105-169

陽気AS

 

クレセリアゴツゴツメット 浮遊

サイコキネシス 冷凍ビーム 毒々 月の光

227-*-189-95-151-105

図太いHB

 

ファイアロー@食べ残し 疾風の翼

179-102-92-*-132-153

ブレイブバード 鬼火 身代わり 羽休め

H:16n+3 

D:残り

S:準速メガガルーラ抜き

 

ヤミラミ

構築の軸でガルーラとゲンガーにある程度強く出られる駒。

物理に対してはクレセリアを出すことが多いのでゲンガーにより安定するHD。

 

・ピクシー

ボルトロススイクンに出していくことが多いのでHDベース。

 

ガルーラ

崩し要素に特化したガルーラ

メガルカリオ入りに先に展開した場合先制を確実に取れ、偶発対峙した場合でも最悪同速を仕掛けられる最速。

必要な技を確保していくとノーマル技を切らざるを得なかった。

 

ガブリアス

普通の襷ガブリアス

メガヤミラミのおかげでステルスロックを撒かせないので襷を活かしやすい。

 

クレセリア

ヤミラミでは受けられないバシャーモに対して安定して出していける。

周りと並びが作りやすく選出が多い。

瞑想スイクンと撃ち合えるようにサイコキネシスサイコショック、毒々→瞑想も考慮。

 

ファイアロー

ここまでで重い特殊フェアリーに出していく駒。

こちらもクレセリアと同じく周りと並びが作りやすい。

 

構築全体で重いのはヒードラン

それ以外にはある程度戦えるはずだった。

しかし、メガヤミラミ+ピクシーはもともと有利だと思われていたガルーラやゲンガー入りに対して有利を取れないことが分かった。

祟り目ヘドロ爆弾ゲンガー+熱湯スイクンである程度試行回数を稼がれるだけで簡単に突破されるからである。

ガルーラやゲンガーに強いのが取り柄だったこの類の構築は、ゲンガー+スイクンでの突破方法が分かったので勝つために使う必要はないだろう。

秘密不意ガルーラ

シングル

f:id:rudxwa19:20151228200451p:plain

ガルーラガルーラナイト 肝っ玉→親子愛

秘密の力 不意打ち 噛み砕くor炎のパンチ 自由枠

?-192-?-*-?-?

A191:207-183スイクンを秘密の力で高乱数3発

A192:183-116ガブリアスを秘密の力+不意打ちで高乱数で落とせる

 

シーズン11以降使用率が伸び続けているポケモン

このガルーラの特徴はA192の確保と秘密の力+不意打ちを覚えさせるだけでかなり広い範囲と戦えることだろう。

具体的には従来のガルーラでは難しかった

・対面でほとんどのガブリアスを処理できる

メガシンカしていないゲンガーに通る技を持つ

・不意打ちや猫騙しといった先制技も持つ

を両立できるからだ。

さらに多くの場合ゴツゴツメットを持っているだろうスイクンの後出しを簡単には許さない。

捨て身タックルを持ったガルーラと比べると指数的にはかなり劣るが、机上の段階で明確に困る仮想的はあまりいない。

 

主な自由枠の候補

グロウパンチ

崩し性能を持たせたいときに。

秘密の力と合わせてゴツゴツメットを持ったポケモンのほとんどと1:1交換を狙うことができ、後ろのポケモンを通りやすくできる。

 

・身代わり

よりスイクンを安定して倒したいときやバシャーモを択次第で倒したいときに。

この技を持たせる時はある程度耐久に振ることが必要になってくる。

 

猫騙

ストッパー性能を高める技。

不意打ちと合わせて耐久が薄いポケモンを倒したり、他のポケモンが撒いた毒と合わせて定数ダメージを稼ぐことができる。

 

構成例

秘密の力 不意打ち 噛み砕く グロウパンチ

181-192-121-*-122-152

 

ゲンガーやゴツゴツメット持ち等の崩し性能に特化したガルーラ

もちろん秘密の力+不意打ちである程度の対面性能を持っている。

 

秘密の力 不意打ち 炎のパンチ 身代わり

197-192-121-*-123-135

B:A200鉢巻ガブリアスの逆鱗を最高乱数以外耐え

D:C96クレセリアサイコキネシスを身代わりが確定耐え C111スイクンの熱湯を身代わりが最高乱数以外耐え

 

シーズン11で主に使われた型。

バシャーモスイクンを意識したい時に。

 

秘密の力 不意打ち 炎のパンチ 猫騙

207-192-128-*-120-120

B:A200鉢巻ガブリアスの逆鱗+鮫肌×1を高乱数耐え

 

主にクレセリアとの組み合わせで使う。

配分は基本的にASでいいと思うが、鉢巻ガブリアスの数が増えた場合このような選択肢も考えておきたい。

シーズン12最終日使用構築 バトンメガバシャーモ+バトンサンダー

シングル

f:id:rudxwa19:20151117182709p:plainf:id:rudxwa19:20151117182728p:plainf:id:rudxwa19:20151117183022p:plainf:id:rudxwa19:20151117183039p:plainf:id:rudxwa19:20151117200620p:plainf:id:rudxwa19:20151117183052p:plain

バシャーモバシャーモナイト 猛火→加速

蹴手繰り ビルドアップ 守る バトンタッチ

187-140-121-*-90-113→187-180-132-*-100-133 ※腕白31-31-31-*-31-31

B:A182ガブリアス地震耐え

D:C238メガサーナイトハイパーボイス耐え

S:非メガシンカ時で-1S169ガブリアス抜き

 

サンダー@タラプの実 プレッシャー

10万ボルト めざ氷 羽休め バトンタッチ

197-*-122-148-126-128 ※図太いor穏やか31-*-30-31-31-31or31-*-31-31-31-30

B:A112力持ちマリルリの+6アクアジェット耐え

C:残り D102マリルリに対して10万ボルトで150~

D:C155変幻自在ゲッコウガの珠冷凍ビーム耐え

S:+1で最速ゲッコウガ抜き

 

キノガッサ@毒々珠 ポイズンヒール

タネマシンガン 空元気 キノコの胞子 身代わり

137-198-101-*-81-122

H:8n+1  ポイズンヒールの回復効率意識

A:11nの最大 172-92ボルトロスが+1空元気で最低乱数以外一発

S:準速

 

ガブリアス@気合の襷 鮫肌

逆鱗 地震 岩石封じ ステルスロック

183-182-116-*-105-169

陽気AS

 

ギルガルド@ラムの実 バトルスイッチ

シャドークロー 聖なる剣 剣の舞 キングシールド

143-112-171-*-172-103→143-222-71-*-72-103

H:16n-1

A:最大

B<D

S:+2で最速135族抜き +3でS169スカーフガブリアス抜き

 

スイクン@カゴの実 プレッシャー

熱湯 吠える 瞑想 眠る

207-*-135-110-176-113

D:11nの最大

S:最速50族&準速60族抜き

 

バシャーモ

この構築の軸でほとんどの構築に対して選出する。

配分は普通のビルドバトンメガバシャーモ

技構成でよくあるのはゲンガーへの打点にフレアドライブを採用するものだと思うが、今回は特殊方面に対してはサンダーにバトンすることにして、グロウパンチガルーラに対してケアができる蹴手繰りを採用した。

 

・サンダー

バシャーモからバトン先に一貫する技を切って中継する枠。

特殊耐久が高く状態異常耐性を持ったスイクンにバトンする際はこのサンダーが必要ない場面が多いが、バシャーモからキノガッサギルガルドにバトンする際は電磁波や飛行技、地面技等が一貫するのでそれを切る必要が出てくる。

 

ガブリアス

普通のステルスロックを持った襷ガブリアス

後述のギルガルドが襷に弱いので、ステルスロックでサポートする。

他のステルスロックポケモンと違い挑発を誘いづらく腐りにくいのが長所。

 

ギルガルド

主にキノガッサでは厳しいナットレイ入りやスキルスワップを持ったクレセリア入りに対して選出する。

持ち物は電磁波耐性をつけるラムの実。

相性補完が優秀なシャドークロー+聖なる剣、突破力を高める剣の舞、不意打ち等の攻撃した後の先制技に耐性を持たせるキングシールドを採用。

影打ちが欲しい場面も少なくはなかったが、切る技がなかった。

後述のバトン先であるキノガッサスイクンよりかなり安定感が落ちるので、選出する際は注意する必要がある。

 

キノガッサ

バトン先の中でも最も強力で安定感があるポケモン

TODをできるだけされないように範囲を広げてAを高めに設定した。

空元気の枠はビルドアップが採用されやすいが、それよりも等倍が取りやすく打点の高い空元気を採用した。

この選択は正解でこのキノガッサを選出してTODで負けた対戦は一つもなかった。

 

スイクン

ビルド加速バトンしたスイクンは詰ませ性能が高い。

対戦相手のスイクンは思ったより絶対零度持ちが少なく、身代わり持ちが多かったので吠えるが便利だった。

配分はバトンした際に特殊攻撃をケアしきれないと思ったので特殊耐久に厚くした。

 

最高&最終レートは2201。

今期の感想としては、参戦しているポケモンの種類が多くマッチング運に左右されることが今までのシーズンより多いと感じた。

そのおかげであらゆる構築にチャンスが生まれる反面、安定して勝つことが難しかったと思う。

今期の序盤はカバルドンを軸とした展開構築が多かったが、終盤になるとガルーラクレセリアを軸とした高数値で撃ち合う構築が多かった。

そうした傾向を考えてクレセリアを起点に抜いていくことのできるバトンバシャーモ軸が刺さると思い使ってみたが、今期序盤の感触からは考えられないほどにレートを伸ばすことができた。

滅び持ちのメガゲンガーを出されたらまず勝てなくなる等切ってるポケモンも多いが、このシーズンしか使えないギミックで戦えたのでおもしろい対戦ができたところは良かったと思う。

バトンバシャサンダーガッサ

シングル

f:id:rudxwa19:20151117182709p:plainf:id:rudxwa19:20151117182728p:plainf:id:rudxwa19:20151117182751p:plain

バシャーモバシャーモナイト 猛火→加速

蹴手繰り ビルドアップ 守る バトンタッチ

187-140-121-*-90-113→187-180-132-*-100-133 ※腕白31-31-31-*-31-31

B:A182ガブリアス地震耐え

D:C238メガサーナイトハイパーボイス耐え

S:残り

 

サンダー@タラプの実 プレッシャー

10万ボルト めざ氷 羽休め バトンタッチ

197-*-122-148-126-128 ※図太いor穏やか31-*-30-31-31-31or31-*-31-31-31-30

B:A112力持ちマリルリの+6アクアジェット耐え

C:残り D102マリルリに対して10万ボルトで150~

D:C155変幻自在ゲッコウガの珠冷凍ビーム耐え

S:+1で最速ゲッコウガ抜き

 

キノガッサ@毒々珠 ポイズンヒール

タネマシンガン 空元気 キノコの胞子 身代わり

137-198-101-*-81-122

H:8n+1  ポイズンヒールの回復効率意識

A:11nの最大 172-92ボルトロスが+1空元気で最低乱数以外一発

S:準速

 

バシャーモ

配分は普通のビルドバトンメガバシャーモ

技構成でよくあるのはワンウェポンにフレアドライブを採用するものだと思うが、今回は特殊方面に対してはサンダーにバトンすることにして、グロウパンチガルーラに対してケアができる蹴手繰りを採用した。

 

・サンダー

S12で再び解禁されたXD限定のサンダー。

バシャーモの隙をできるだけ埋めるように構成した。

ビルド加速バトンからのタラプが発動したサンダーは詰ませ性能が高く、キノガッサに繋げなくとも勝てることがある。

ちなみにこの配分だと様々な個体で入手でき、XD乱数の中でもかなり敷居が低いので、環境が整っている方は挑戦してもいいと思う。

 

キノガッサ

バトン先で最も強力なポケモンで、バトンを成功せずともある程度の汎用性がある。

TODをできるだけされないように範囲を広げてAも高めに設定した。

バシャーモ+キノガッサの並びは知名度が高いので選出画面で意識されるのが残念。

 

実際に使ってみての雑感は、ラストのキノガッサに繋げるまでにかなりの攻撃を被弾するので、急所や追加効果での負けが多かった。

他にもキノガッサを止めるポケモンがいた場合や、展開阻害のポケモンがいた場合ほとんど勝つことができなかった。

ただバトンバシャーモ+バトンサンダーは使用者がほとんどいないので、残り3匹も含めて考える余地があるかもしれない。

図太いHCSクレセリア

シングル

クレセリアゴツゴツメット 浮遊

サイコキネシス 凍える風 リフレクター 月の光

207(92)-*-156(12)-116(164)-151(4)-135(236) ※図太い31-*-31-31-31-31

B:A200ガブリアスの逆鱗を2耐え

C:201-120メガガルーラの身代わりをサイコキネシスで確定破壊

S:最速70属抜き HAベースのガルーラを抜けるように

 

凍える風+リフレクターのクレセリアに興味があったので配分を考えてみた。

綺麗に配分がまとまったと思うが、逆に器用貧乏さも感じた。

Cを切ってもう少し耐久に振り、月の光→スキルスワップもおもしろいかもしれない。

 

シーズン11最終日使用構築

シングル

ゴツメカバルドン軸展開 - おもしろきこともなきよをおもしろく

のゲンガーを

 

ゲンガー@ゲンガナイト 浮遊→影踏み

祟り目 気合玉 催眠術 身代わり

135-*-81-182-95-178→135-*-101-222-115-200

臆病CS

 

に変更。

カバルドンとの相性はこちらの方が良く、抜き性能が高い。

代わりにピクシーを構築段階でほぼ切ることになったが、高レート帯でのピクシーの少なさから問題なかった。

最高&最終レートは2219で6位だった。

ゴツメカバルドン軸展開

シングル

カバルドンゴツゴツメット 砂起こし

地震 ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし

215-132-160-*-117-67

B:残り

D:C177珠ボルトロスのめざ氷2耐え

 

バシャーモ@気合の襷 加速

火炎放射 馬鹿力 めざ氷 守る

155-157-90-178-81-116

A:181-120メガガルーラを馬鹿力で最低乱数以外一発

C:最大 157-115メガクチートを火炎放射で一発 167-115メガゲンガーを火炎放射で高乱数2発

S:+2でS154スカーフガブリアス抜き

 

ガルーラガルーラナイト 肝っ玉→親子愛

秘密の力 不意打ち 火炎放射 身代わり

201-158-100-54-100-125→201-191-120-72-120-135

A:207-183スイクンを秘密の力で高乱数3発 183-116ガブリアスを秘密の力+不意打ちで高乱数で落とせる

B:A200ガブリアスの鉢巻逆鱗を最高乱数以外耐え

C:無振り 161-172ギルガルドの身代わりを親子愛火炎放射で確定破壊

D:C96クレセリアサイコキネシスを身代わりが確定耐え C111スイクンの熱湯を身代わりが最高乱数以外耐え

S:メガシンカ前最速61族抜き メガシンカ後最速70族抜き

 

ゲンガー@ゲンガナイト 浮遊→影踏み

シャドーボール 気合玉 滅びの歌 道連れ

135-*-81-182-95-178→135-*-101-222-115-200

臆病CS

 

ボルトロス@オボンの実 悪戯心

10万ボルト めざ氷 電磁波 悪巧み

172-*-92-158-100-179

B:A200ガブリアスの逆鱗を最高乱数以外耐え

C:+2の10万ボルトで227-151クレセリアを高乱数2発

S:最速

 

パルシェン@ラムの実 スキルリンク

氷柱針 ロックブラスト 氷の礫 殻を破る

147-158-201-*-66-103

A:残り

B:A182ガブリアスの逆鱗を2耐え

S:+2で最速135族抜き

 

カバルドン

かなりDに振ったカバルドン

後ろに引き先がいないので、HBに寄せて物理相手に役割を持たせずに特殊相手にも戦えるようにした。

これのおかげで多くのポケモンに2回行動できるのでステルスロック+欠伸で起点を作ることができる。

もちろんゴツゴツメットでの削りもできる。

怠けるを使う機会が全くないと思ったので起点回避をできる吹き飛ばしを4枠目に採用した。

 

バシャーモ

撃ち合い性能が高い襷バシャーモ

初手において削りや1:1+αを狙ったり、後ろにおいてストッパーとして扱ったりととにかく優秀なポケモン

配分や技構成はいろいろと選択肢があるが、相手のメガガルーラに薄くしてメガクチートメガゲンガーに厚くした。

 

ガルーラ

メガガルーラは本来スイクンにあまり強くないポケモンで氷技を持たせないとガブリアスには有利ではない。

ここをA補正の秘密の力+不意打ち+身代わりで戦えるようにした。

残り一枠はギルガルドナットレイに接触せず打点の持てる火炎放射にした。

ここは好みでグロウパンチ等に変えてもいいかもしれない。

 

・ゲンガー

最も最後に入ってきたポケモンで、メガガルーラが戦えないバンギラス入りやヒードラン入りに出せるようにしたかったので気合玉持ち。

よくあるHDバンギラスステルスロックを入れることができれば処理できる。

ピクシーやオニゴーリの処理を安定させたかったので滅びの歌。

身代わりが欲しい構成になってしまったが、道連れがないと最低限の単体性能が確保できないのでこの技構成になった。

 

ボルトロス

よくあるHにある程度割いた最速オボンボルトロス

他のポケモンと並びが作りやすいので自然と入ってきた。

 

パルシェン

ここまでで面倒なキノガッサファイアローマンムー等に強いパルシェンを採用。

このポケモンギルガルドを筆頭にまず出されたら勝てないポケモンがいるが、ギルガルドガルーラで崩しの起点にできるのであまり問題なかった。

通りのいい時のパルシェンはやはり強力だと再認識させられた。

 

戦績はシーズン11シングルレートで2000後半から使い始めて、44勝12敗の2206。

やはり今のシングルはガルーラボルトロスが頭一つ抜けていると感じた。